ホットヨガを利用しようと思ったきっかけ

私は、ヨガ自体初めてで、もちろんホットヨガには行った経験すらなくどちらかというと、ホットという言葉が苦手で、冬の暖房などもかかっているとフラフラめまいがしてしまうタイプなのでとても不安だったのですが、ホットヨガ予約サイトで効果を調べたこと、友達が誘ってくれたということもあり、一緒に行けば何かあってもいいやと思い、軽い気持ちで行きました。

ホットヨガのコースでも、段階は分かれていて、私は一番初心者ができるタイプのコースに参加させていただき、お部屋に入った瞬間にモワーンとする、私は苦手な温度を体験することができました。

友達は、その部屋に入った時から、とたん身体の調子が良くなってきたと、とても嬉しそうな表情になったのですが、私は、どちらかというと、具合が悪くなるのではないかと不安になるような慣れない温度だったことを覚えています。でも、そのスタジオはほんとにできたばかりで綺麗で、受講者も多く、みんな汗を流しに来てる感じで多くの参加者がいたので、確かに楽しかったのは楽しかったです。

先生もとても優しく初心者向きに丁寧に教えてくれたので、ヨガ自体、ついていくこともできました。やり始めると、ジワリと汗がにじみはじめ、30分もしたら汗がダラダラでた状態で確かに身体は軽い感じになりました。

終了してからも身体はポカポカしていましたが、どちらかというと、私にホットヨガはあまり体質に合っていないかったようで、終了2~3日はめまいがするような感じで具合が悪くなった感じがありました。

「ヨガ」デビュー

私は現在57歳主婦です。仕事をしていた昨年までは、会社まで駅から20分、毎日往復を歩いていましたが、最近は、本当に運動不足。益々、体が硬くなってきたのがわかります。何とかしなければと思っていたところに、知り合いから、「今、児童館で夜にヨガやってるよ!来ない?」とお誘いを受け、行ってみました。年齢層は高い人が多い為、ほとんど、座ったままでのポーズです。なんだ、こんな感じか楽だなあ。と思ったのは最初だけ。なかなか、呼吸をしながらいろいろなポーズをするのは、難かしいです。でも、まあ、やり始めとしてはちょうどいい感じと思いました。いろいろな筋を伸ばすのは、大変いい気持ちです。お休みの姿勢でいるときは、本当に、眠ってしまいそうです。終わった後は体が軽くなった様な気がします。また、指導してくださる先生は、本当に落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと動作を誘導してくださいます。また、スタイルも良く、きれいな方です。ヨガの指導員には、バッチリだなと思っています。出来るだけ、続けていきたいと考えています。

ヨガのメリットとその効果について

・基礎代謝アップ        ヨガは様々なポーズをとることにより、心身をよりよく改善できます。

体幹を鍛え、身体全体の筋肉を刺激します。特に、体の内側の筋肉「インナーマッスル」を鍛えられます。

これにより、「基礎代謝のアップ」につながりダイエット効果が得られます。

・スタイルが良くなる

また、ヨガのポーズによって「身体のゆがみ」を整えられます。

慢性的に肩こりや腰痛に悩まされている方にも効果が期待できます。

ヨガは激しい運動がありません。ゆったりとポーズをとるので、腰痛で激しい運動ができない方でも取り

入れることができます。ヨガを続けていくことで、身体に柔軟性も出てきます。

身体が固いと、思わぬ怪我を招くことになります。ヨガは柔軟性のあるしなやかな身体作りに役立ちます。

・便秘・肩こり・冷え性の改善

ヨガは呼吸法も重要で、この呼吸により、有酸素運動の効果がプラスされます。

そして、このポーズによって血行が良くなり、全身の老廃物を流す「デトックス」の効果もあります。

特に、「便秘」で悩んでいる方に最適でしょう。

また、血行が良くなるということは、「肩こり」や「美肌」にも効果があるということです。

リンパの流れも改善できますので、女性の悩みである「冷え性」や「むくみ」にも効果があります。

・ストレス軽減

ヨガと言えば、「瞑想」も重要です。自分と向き合い、心を静かに落ち着かせます。

呼吸法と瞑想をすることによって、「ストレスを軽減させる」ことができます。

精神的なバランスをとり、生活を豊かなものにできます。

以上のような効果が、期待できヨガが注目される理由でしょう。

マタニティーヨガを体験して

私は、妊娠してから全くと言っていいほど身体を動かしていませんでした。
ある日、家事などで日常生活でつかう行動や筋肉は限られていることに気づきました。

安定期を過ぎてから食欲も増えこのままでは安産にならないと思い「マタニティーヨガ」を習いに行きました。

妊婦さんのための優しいヨガ・安産を目指すヨガがテーマでしたが、私の中で少し不安が頭をよぎりました。
それは、安定期をすぎてのヨガですが果たしてレッスンについていけるかというものでした。私は身体がとても固く、ヨガのイメージは身体をしなやかに行うものだったので、ちゃんとできるか不安でした。

授業が始まり、先生から「呼吸が大切です。ポーズをとることで息が止まらないようにしましょう。そのポーズができなくても、ありのままを受け止め深く深く息をしましょう」と前説がありました。

私は息をすることだけに集中しようとしたのですが、先生と同じポーズをしようと試みたら呼吸を忘れていることに気づきました。
何かを頑張りすぎたら呼吸を忘れてしまい、身体が緊張状態になることに気づき、前説の「ありのままを受け止める」という事を少し理解できたような気がします。

レッスン後は深い深呼吸と共にいつも使わない筋肉も伸ばしたことで身体が軽くなりました。
身体が楽になることで、気持ちも前向きになったので心と身体は繋がっていることを感じました。
特に妊娠中は母体のストレスがお腹の赤ちゃんに影響すると聞きました。
お腹の赤ちゃんに少しでも安らいで欲しいので、マタニティーヨガで心と身体のリセットは私にとって必要だと思いました。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !